若いうちに海外に出たほうが良いと思う理由

「もっと若い時に海外に出ていれば良かった。」
と、僕よりも少し年の離れている方々は口をそろえて言います。

「海外に出て何になるの?将来英語を使うわけでもないし、海外で働く気もないもん。」
海外に行くつもりのない人はこのように考えているかもしれませんし、年を重ねてから後悔している人達も若い時に同じように考えていたかもしれません。

でもやはり僕は若いうち、10代か20代前半に一度は海外に出てみることをお勧めします。
その理由は「海外でしか経験できないことがたくさんある!」からです。

本を読むほど教養が付いて、物事を深く考えられるようになり、感性が豊かになるように、海外に行き、様々な経験をすることで人間としての器を広げられると思います。
異国の地の空気を肌で感じ、様々なものを見て、聞いて、味わって、日本にいない人と会話する。これだけで本を10冊ほど読んだのと同じぐらいのものが得られると思います。
これは日本から飛び出さなければ得られないものです。


「なるほど!海外に出てみるのは良さそうだな~。退職したら退職金で色んなところに行ってみよう!」
海外に1週間、20歳の時に行くのと、60歳の時に行くのとで経験できることに大差はないと思います。ですが、その後の人生に与える影響には雲泥の差があります。
海外に行くことで考え方が変わったり、人生設計を変える人も少なくないと思います。

若いうちに行けば、“海外に出た経験”を持ってその後の人生を歩むことができますし、考え方などが変わった場合に人生の計画を変更することも(年を重ねた場合と比べて)簡単にできます。何より、選択肢の幅が広がるのではないでしょうか。将来何をしたいのか明確に決まってない人にとっては、夢を見つけられるチャンスになるかもしれません。

一方、年を取ればとるほど“その後の人生”というのは短くなり、人生の計画変更は難しくなります。会社に就職し、社会の歯車の一部となり、その上家庭を持ってしまったらそのルートから外れることは困難です。それでも思い切って、ルート変更した場合その先にどんな未来があるのか分からないので再就職や家族を幸せにできる保証はどこにもありません。元のルートに戻ろうとしてもそれも難しいのではないでしょうか。

子供も独立して退職間近や退職後に行ったとしても、その人の人生は半分以上終わってしまってますよね。

なので海外にはできるだけ若いうちに出たほうがいいと思うのです。
いや、若いうちにしかできないのではないでしょうか。
“若者の特権”という言葉をよく耳にしますが、これもその一つだと思います。


僕の場合は、結構早い段階でこのことに気づいていました。
なので、大学1年生の春休み、19歳の時に1人でニュージーランドに3週間ファームステイしてきました。
その時に、月並みな表現ですが「世界は広いな~」って思いましたし、様々な経験ができ、新鮮な刺激をたくさん受けることができました。

留学は高校生の時から興味があったのですが、「いつか行ければいいな~」ぐらいにしか思っていませんでした。
しかし、この時の経験が「行ければいいな~」を「行きたい!」に変えました。
帰国してすぐに留学を決断しました。僕も海外に行き、人生設計を変えた人の一部です。
自分がどんな留学をしたいのかぼんやりと思い描き、トビタテ!を知りました。
あの時、海外に思い切って行っていなければ今頃留学には来ていなかったと思います。


「まだ、20歳。少し若すぎると思うけど、これは今すぐにでも海外に出なくちゃ。よし!次の夏休みに友達を誘って海外旅行に行こう!」
友達との海外旅行は本当に楽しいと思います。僕もいつか行ければいいなと思っています。
ですが、上で述べたような経験をするには出来れば1人(せめて2、3人)で行くのがいいと思います。
友達同士で行くとどうしても“受け身”の海外経験になります。ほかのメンバーが行きたいところがあればそこに行くと思いますし、旅行中もずっと日本人同士で話してしまいますよね。
自分で色々と考えて行動し、現地の人や宿が同じほかの国の人と交流することで本当に価値のある経験をすることができると思います。


これは余談ですが、日本人でありながら海外に行かないのは本当にもったいないと思います。なぜなら、日本のパスポートはビザなしで行ける国が最も多く、“最強”のパスポートだからです。
ほかの国、例えば今僕がいるフィリピンではそうはいきません。
日本にちょっと旅行に行くだけでもたくさんの書類が必要で、面倒な手続きをしなければなりません。何より、経済が日本ほど発展しておらず海外に行くことのできる人はほんの少しです。他の大多数の人は海外旅行に行く経済的な余裕など全く無く、慎ましく生活しています。
経済的余裕もあり、その上、世界最強のパスポートを持っている日本人であるのにも関わらず、海外に一度も出たことがないっていうのは本当にもったいないことだと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
もちろんこれは僕個人の意見なので「それ違うんじゃない?」という箇所も所々あるかと思います。
しかし、冒頭でも述べたように若いうちに海外に出なかったことを後悔する人が多いのは事実です。

海外に行くにはそれなりにお金がかかりますし、日本と比較して治安が良くないところも多いので危険を伴います。なので海外に行くことを無理にお勧めすることは決してしませんが、一度海外に行ってみることを考えてみるのも悪くないのではないでしょうか。

「なるほど…海外なんて興味なかったけど、一度行ってみようかな」
文章を読んでいただいてこのように思って下さる方が少しでもいらっしゃれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です