フィリピンでタイのビザを取得!

フィリピン留学中の一番の課題が実は英語ではなくタイのビザでした。
というのもフィリピンの次にタイに2か月半ほど滞在するのですがそれにあたってビザが必要だったためです。

日本でとれればよかったのですが、入国の3か月以内でないと取れないらしいのでフィリピンで取らざるをえませんでした。

おそらくこの情報が必要な人は少ないと思いますが、フィリピンでどのようにタイのビザを取得したかを説明していきたいと思います!

ビザの種類について

タイのビザは大きく3種類に分けられます。

  • TOURIST VISA (観光ビザ)
  • TRANSIT VISA (トランジットビザ)
  • NON-IMMIGRANT VISA (ノン・イミグラントビザ)

NON-IMMIGRANT はさらにB、ED、O、O-Aなどに分けられるのですが、今回は“NON-IMMIGRANT O”を取得しました。
Oタイプはボランティア活動や、タイで働く家族に訪問する際などに取得するビザです。

ちなみに観光でタイに行く場合は、空路であれば30日以内、陸路であれば15日以内であればビザを取る必要はありません。

必要書類

今回はフィリピンの大使館で申し込む際に必要な書類を書きます。

申請する国によって必要な書類が異なるので十分に注意していください!!

  1. Letter of request from temple/church or organization in Thailand
    タイの機関からの招聘状
  2. Signatory of the letter of request
    If : Thai national – Copy of Thai government ID
    If : Foreigner – Copy of passport and valid Thai visa page, copy of work permit with validity
    招聘状への直筆のサイン
    サインをしてくれる人がタイ人か外国人かで提出する書類が違うので注意!
  3. Registration of the temple/church or organization in Thailand
    タイの機関の登録証明書(?)日本の領事館のサイトでは「設立許可証」と書かれていました。
    その組織がちゃんとした組織であるかを証明するものだと思います。
  4. Valid passport/travel document (at least 6 months)
    6か月以上有効なパスポート
  5. 2 passport or 2×2 size photos (white background)
    パスポートサイズか正方形の証明写真(背景は白)
  6. Airline ticket reservation (one way is acceptable)
    航空券の予約を証明できるもの
    行きの航空券だけで大丈夫で、出国時のものは提出しなくても大丈夫
  7. Volunteer Agreement
    ボランティアの契約内容について書かれた書類
  8. Accomplished application form
    ビザ申請用紙
  9. Passport (Original and Photocopy)
    *Copy of Valid ACR-ICARD and Philippines Visa for foreigners
    パスポートとパスポートのコピー
    フィリピン人でない人はACR-ICARDのコピーも出す必要があります。

タイ側からの書類には直筆のサインが必要でFAXやPDFのコピーは不可とされています。
つまり、タイからサインの書かれた書類を郵送してもらう必要があります!
このことに注意してください。フィリピンは郵便事情が非常に悪いので、僕は出国する前に日本で受け取りました

もう一つ、フィリピンで日本人がタイのビザを取得する際はACR-ICARDのコピーを提出する必要があります。
ACR-ICARDとはフィリピンに59日以上滞在する外国人が取得しなければならないカードです。
つまり、フィリピンでの滞在が59日以下だとタイのビザの申請はフィリピンで行えないということになります。

ACR-ICARDもマニラでは簡単に手に入るのですが、セブなどマニラ以外で申請すると申請から手元に届くまでに半年ほどかかるそうです。
なので僕はタイのビザ申請のために、ACR-ICARDを手に入れるためにわざわざセブからマニラに日帰りで行ってきました。
その時の様子も書いてあるので是非読んでみてください。

申請書類の記入の仕方

該当するものがないところには「N/A」などと書いておきましょう。

書類が全部そろいました!
それでは次から申請当日の流れを説明したいと思います。


申請の流れ

今回申請する”NON-IMMIGRANT O”はセブの大使館では申請できない種類のビザだったのでマニラの大使館に行ってきました。

月曜~金曜の9:30~12:30と13:30~17:00で営業しています。
申請の時間は9:30~12:30なのですが、結構人がいて遅くに行くと待つ時間が長くなるので、9:30より少し前に着いているといいと思います!

場所はここ↓です。

建物の外観はこんな感じです。

中に入るとこんな感じです。

入ったらまずカウンターに行きましょう。ここで名前と入館時間を用紙に記入します。
そして、身分証明書を提出すると整理券がもらえます。
外国人ならACR-ICARDを身分証明書として提出します。

待合室の中に入って自分の順番が来るのを待ちます。

さぁ、自分の番が来ました。
書類を持って窓口に向かいます。ドキドキ。

ここで書類の確認をしながら、少し質問をされます。
僕の場合はタイでどんなボランティアをするかについてと、フィリピンで今何をしているかを聞かれました。

ビザはパスポートに張り付けられるので、パスポートはこの時回収されてしまいます。

質問が終わって、書類にも不備がなさそうだとこのような↓紙をもらいます。

これはビザを受け取りに行く際に必要な引換券なので大切に持っておきましょう。

ビザを受け取れるのは2日後と言われました。

また、翌日の13:30に電話をしてほしいと言われました
たぶん不備などがあった際に僕に確認するためだと思います。
なので次の日に言われた時間に電話をしました。回線が込み合っていて担当の人につながるまでに30分以上かかったのですがようやくつながり、不備はありましたかと聞きましたが無いとのことだったので安心しました。

全て終わったら受付で用紙に退館時間を記入して身分証明書を受け取って帰りましょう。
帰るときに受付の人から「受け取るときは15:00ちょうどに来たほうが良い」と言われました。

2日後にビザを受け取るために再度大使館に行きました。
HPにはビザの受け取る時間は15:00~17:00と書いてあるのですが、受付の人に上記のように言われたので15:00ちょっと前にいきました。

僕が着いた時にはすでに10人ほど並んでいました。
時間になって扉が開くと以前と同じように入館して、整理券をもらって待合室に行きます。

自分の番号が呼ばれたら窓口に行きます。
パスポートが返却されて領収書が渡されます。

カウンターにあるノートにビザの番号と自分のサインを書いてから帰ってと言われたので、ちゃんと記入してから帰りました!

このようにしてようやくビザをゲットしました!
タイ側からの書類を日本で受け取らなければならないこともあって半年ぐらい前から準備していたので本当に嬉しかったです!

フィリピンでタイのビザを獲得する方法は以上です。
ですが、最後に注意点があります!


注意点

1.ビザは”申請日から”有効!!

今回はタイに2か月半ほど滞在するので3か月有効のビザを取得しました。
僕はタイの入国日から3か月有効だと思っていたのですが、申請日から3か月有効でした。
ゲストハウスに帰ってから有効期限を確認した僕は呆然としました。

これを間違えないでください。
僕は余裕をもって入国の1か月前に申し込んだのですが、結局タイ出国の1か月も前にビザの有効期限が切れることになってしまいました。

ビザクリのために一度出国する必要がでてしまいました。
マニラに2回も行くなど結構な出費をしてまでビザを取ったのに…
またお金が必要です…

 

追記1(2019年9月)
上で言ってることは間違いです…すみません…
タイに入国後にこの件についていろんな人と話したのですがどうやら僕が当初思っていたように”入国から3か月有効”でした。
つまり、ややこしいですが、「申請から3か月以内に入国し、入国から3か月滞在できる」ということです。

でした。
つまりややこしいですが、「申請から3か月以内に入国し、入国から3か月滞在できる」ということです。

2.大使館はセブにもあるけど!?

セブにもタイの大使館はあります。
わざわざマニラに行かなくてもそこでできるんじゃないの?と思っていたので、セブの大使館にメールを送ってみました。
するとこのような返信が、

1通目(僕):セブの大使館でもビザ取れますか~?
2通目(大使館):取りたいビザの種類教えて~
3通目(僕):野生動物の保護施設でボランティアするからノンイミO欲しいんだよね~
4通目(大使館):ここでは取り扱ってないからマニラ行ってね~

セブの大使館でもビザは発行しているのですが、”Tourist”と”NON-IMMIGRANT B”の2種類しかしていないそうです。

いかがでしたでしょうか?
ビザの申請は日本でするのも大変なのに海外ですると面倒くささが倍増しました(笑)
インターネットで申請できる国もたくさんあるので、タイもできたらもっと楽だったのに…

ですが海外で違う国のビザを申請するというのは貴重な経験であり、大変だったのですがとても良い経験ができたのではないかと思っています。

この記事がどなたかのお役に立てれば幸いです(^^)

追記2(2019年9月)
入国の際に何も言わないとビザを取っていない人と同じようにVOAのハンコを押されるので忘れずにビザを入国審査官に見せるようにしましょう。
僕は見せ忘れて出国の際に不法滞在を疑われて色々と大変でした。結局罰金を払わずに済んだので良かったです。

最新の情報、さらに詳しい情報はこちらから!
マニラのタイの大使館のHPです
https://www.thaiembassymnl.ph/en/consular-services
https://www.thaiembassymnl.ph/en/

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です