”DUO3.0丸暗記した人の!!”暗記するまでとその後の勉強法

現在の僕はDUO3.0の見出し英文560個を全て丸暗記しています。
英文の最初の2文字、または訳文を聞けば機械のようにペラペラペラと全て唱えることができます(笑)

僕は丸暗記しましたが未だにこれを勉強しています。なぜなら、丸暗記した後の段階があるからです。
他のサイトを見ると暗記するまでの情報しか書かれていないのですが、DUOは丸暗記するだけでは不十分だと思っています。

今回は僕がどのようにDUOを勉強してきたのか、またDUOでどのように英語力が上がったかについてお伝えしていきたいと思います!

DUO3.0とは?

まず初めにDUO3.0とはどのような教材なのでしょうか?
本書では以下のように説明されています。

日本の「いろは歌」をヒントに、現代英語の重要単語1572語と重要熟語997語を重複なしで560本の英文に凝縮させました。
昔は560本の例文からは560個の重要単語しか覚えられなかったものが、DUOならわずか560英文で標準レベルの単語帳1冊分の単語+熟語集1冊分の熟語が完全にマスターできます。

DUO3.0

これがDUOです。個人的には「わずか560英文」の”わずか”がとても気になりますが(笑)

ちなみに名前の由来は、単語帳と熟語帳が二重奏曲(DUO)のように美しく融合されたもの、というところから来ています。
良い名前ですよね!

確かにこれはすごい理にかなってる単語帳だと思います。例文を暗記するのには苦労しますが覚えてしまえば単語1572語熟語997語を覚えることができますし、文の中でどのように使うかも理解することができます。
例えば下の文では…

That restaurant is always packed. We’d better make a reservation beforehand.
あのレストランはいつも混んでいるから、事前に予約をしたほうがいい。

  • pack
  • had better do
  • make a reservation
  • beforehand

という単語と熟語を覚えることができます。
また、文をそのまま覚えているので単語を少し変えるだけですぐに英作文ができます。

このように1文で複数の単語と熟語が覚えられるので例文を読む負担がそれだけ減るということです!
(普通の単語帳では1対1対応なので、上記の4個の単語を覚える場合4例文となります)

また、掲載されている語はコーパスの分析や、ネイティブに聞き取り調査を行うことで選び、文のチェックもアメリカの大学教授を含む15名のネイティブ(年齢、性別、出身地に偏りなし)にしてもらっているそうです。それは安心!!

さてこんなDUOですが、これをマスターしたらどの程度のレベルになるのでしょうか。
本書には以下のように目安として書かれています。

大学入試(偏差値) 58~65
英検 準1級
TOEIC 600~780点
TOEFL 60~90点

DUOがどのような教材かご理解していただけたでしょうか?
それでは次から実際にどのように勉強していくかについて説明していきたいと思います。


必要なもの

勉強を始める前に必要な教材をそろえましょう。
必要なのは以下の2つです!

DUO3.0の本
復習用CD

僕は最初の方はCDなくてもいいんじゃないって思って使っていなかったのですがこれは大きな間違いです。
必ず復習用CDを買いましょう。これが無ければ全く勉強になりません。

これとは別に「基礎用CD」というものがあります。僕はこれを使ったことがありませんが、要らないと思います。

CDが手元に届いたらどこでも聴けるようにスマホやiPodなどに入れておきましょう!

毎日5sectionを1年

次は勉強のペースと全部暗記するまでに要した時間についてです。
DUOは45 sectionに分かれています。
僕のおすすめは1日あたり5 sectionです。これを続けると9日で1周終わらせることができます。

ペースは人それぞれだと思いますが、
「あんまり時間がないから1日1 sectionにしとこう…」だと1周終わるまでに1か月以上もかかってしまい、次の周回を始めるときに全て忘れてしまっています。
逆に「おれは3日で1周させてやる!」のように意気込んで毎日15 sectionづつだとあまりにきつくて途中で挫折してしまうと思います。

このような理由から1日の負担があまり大きくなく、尚且つ1周終わるまでにそれほど時間のかからない5 sectionずつをおすすめしたいと思います。

僕は普段とても忙しく、英語に割ける時間が限られていました。
それでも毎日必ず15~20分を英語の勉強に割き、これに加えて車を運転するときなどのすきま時間も見つけて勉強していました
これを続けて全例文暗記するまでに約1年かかりました。
1年と聞いて長いな~、短いな~と思うのは人それぞれだと思います。

英語の勉強をしたくても「忙しくて1日に何時間も英語してられないし…」のように思っている方も多いのではないかと思います。
しかし、1日20分程度であれば忙しい方でも無理せず続けられるのではないでしょうか。

DUOを勉強する”コツ”

DUOを勉強するにあたり3点気を付けていただきたいことがあります。

①続ける。やめない。
②DUOの英文を書いて覚えようとしない。
③ 何回も何回も繰り返す 。

①は勉強全般に言えることです。最初のうちはつらいと思いますが根気よく続けて習慣にしちゃいましょう!
②時間の無駄ですやめましょう。1文書いている間に3回は音読できます。
③数周しただけでは全く結果が見えません。薄ーーーく重ねていくことを意識しましょう。僕は何周したか分からないですね(笑) 100周どころじゃきかないと思います。

DUOに限らず、勉強する時はパズルを作るように勉強すると良いと思います。
「パズル?何を言ってるの?」

パズルを作る時に1段目、2段目…と順に作っていく人は多分いませんよね。
普通は自分がはめられる箇所から作っていくはずです。

DUOも同じで、「section1から順に覚えていこう!」だといつか限界が来ます。
何週もするうちに少しずつパーツが埋まっていき、最後に完成!
これを意識してやっていくのがいいと思います。

前置きが長くなりましたが、次から実際にどのように勉強していったかについて書いていきます。




STEP1:雰囲気をつかむ

最初はここだけ見ていきます。
他のごちゃごちゃしたのは無視しましょう。

必要なものがそろい、勉強のペースも決まったところで勉強を始めるぞ!と思っても約600ページもある本を前にして途方に暮れてしまうのではないでしょうか。「これ全部覚えるのか…」僕も最初はそうでした。ですがあまり気にしないでください。

STEP1では…

STEP1
見出し英文と青文字そして訳文を流し読み。

最初は英文を読んでも何もわからないと思うのですが、単語を見て「この単語こういう意味なんだ~」、「この文面白いな(笑)」みたいな感じで読み進めていってください。

このステップで注意していただきたいのは分からないことがあっても決してそこで立ち止まらないということです。
理解できなくてもどんどん次に進みましょう。
これを3周くらいします。すると次にその文を見た時に「そういえばこんな文あったな~」みたいな感じになります。
この状態になったらSTEP1は終了です。

STEP2 : CDで音とリズムを頭に入れる

STEP1が終了し、かなり薄ーーーいですが頭の中に土台ができています。
STEP2からCDを使ってその土台を厚くしていきます。

STEP2
CDを聴きながら、見出し英文を目で追う。

見覚えのある文がどんな風に読まれるのかを聴いてみてください。
文の間には少し間があるのでその時に訳文も確認して「あっ、この文はこういう意味だったな~」のような感じで進めていってください。

復習用CDはとても速いので単語を確認する時間が無く、CDを止めたくなると思いますが我慢しましょう。
あくまでもここでの目標は次の段階に備えて英文と音・リズムを紐づけることなので。
この段階も最低でも3周ぐらいするのが望ましいです。

STEP3 : 音読開始

STEP3から口を動かし始めます。
具体的には…

STEP3
見出し英文を音読し、単語の意味と訳も確認。

最初の方はスムーズに英語を読めないと思うので結構時間がかかると思います。
意味の分からない文章をいくら読んだって効果がないので見出し英文を読む前か後に訳文を確認しましょう。
単語も読み終わった後にさらっとでいいので確認しておきましょう。

これは次のステップに備えてとても重要な段階です。
英文をゆっくりでもいいのですらすらと読めるまで繰り返しましょう。
ここでCDは使いませんが発音の見当が全くつかないような単語に出会った際は聞いてもいいと思います。
ですがあまりに確認が多いと勉強のペースが下がってしまうのでほどほどに。

STEP3を飛ばして次のオーバーラッピングを始めてもいいと思いますが、自分のペースでもつっかえずに音読できない状態で復習用CDの速いペースでシャドーイングしても「〇$%#&…」のように口が全く回らず意味がないと思います。
何回も口に出すことで英文を自分のものにします。

STEP4 : オーバーラッピング

「オーバーラッピング」という言葉を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。
まずこの言葉について簡単に説明すると、「お手本の英語を聴き、英文を見ながら同時に音読する」というものです。
これはとても効果のある学習法で英語を勉強している人の多くが取り入れている方法だと思います。

STEP4
飽きるまで、いや飽きてもオーバーラッピング!

です!(笑)
最初の方はCDの音声についていくことがとても難しく、見出し英文を読み終わらないうちに次の文に進んでしまうことも多々あるかと思います。
ですがめげずに続けることでその遅れがどんどんと縮まってきます。
最終的にはCDと同時に音読できるようになります。
ここまで到達するまで何周でもしましょう!

復習用CDのペースについていくのが難しい人もいると思います。
そんな時は無理に続けようとせずにSTEP3に戻ってください!そして意識して少し早めに音読する練習をしてみましょう。

また、まだまだ分からない単語がたくさんあると思うのでチラチラ確認しながら進めていきましょう。

またこの頃からすきま時間を活用して復習用CDを聴いてみてください。
これはどの段階から始めてもいいのですが、あまりにも早い段階で始めると意味の分からない音声が延々と流れてくるというお経を聴いているような状態ですぐに嫌になってくると思います。

余裕のある人は次のステップを先取りして「シャドーイング」を始めてみましょう!



STEP5 : シャドーイング

シャドーイングとは「英語を聞きながら、英文を見ずに真似して発音すること」です。
STEP4のオーバーラッピングとは英文を見るか見ないかという点で異なります。

えっ!そんなことできるの?と思うかもしれません。ですがSTEP4でCDと同時にオーバーラッピングできるようになっていればこれもできるようになっていると思います

STEP5
CDの音声を聞きながらシャドーイング!

これをやり始めると「あれっ?自分英語めっちゃ話せてない?」と自信が持てるようになります。
そして実際かなり英語力もついていると思います!
この段階まで来ると見出し英文を聴いたら意味もほぼ分かっているのではないでしょうか。

これは音声だけで行えますが、手元にテキストを置いておくことでいつでも単語を確認できるようにしていました。

これは音声さえあればどこでもできるのですきま時間も有効活用していきましょう!

ここで…
”達成目標”を確認してみる

実はDUOの最初の方に”達成目標”というものが設定されています。これは作者がDUOを使っている人がこれぐらいまでできるようになってくれたらいいな~というレベルです。
勉強法を読むのも疲れたと思いますので、ここで少し確認してみましょう。
ここには以下のように書かれています。

本編の見出し英文560本を60分で聞き取れるようにすること

DUO3.0

ちなみに60分とは復習用CDの長さです(ちょうど1時間になるように作られていてここでもDUOがいかに作りこまれているかが分かりますよね!)。
あれっ?これってもほとんど達成してない?
と思いませんか?そうなんですSTEP5の段階で作者が定める目標を達成しているのです!

ですがこの段階では50%程度しかDUOを使いこなせていないでしょう。
現状に満足せずにもっと頑張っていきましょう!

STEP6 : 日本語→英語

STEP5が終わってかなり560本の英文が身に沁みついていると思いますがまだ暗記はしていないのではないでしょうか?
そこでSTEP6では…

STEP6
訳文だけをみて見出し英文を音読する!

たぶんここで愕然とすると思います。
「全然分からない…」
僕もかなりショックでした。こんなに頑張ってきたのにいざ英文やCDが無くなると何も口から出てこない…

ここでは思い出せなかったらどんどん英文を見てもらって構いません。
英文を見ると不思議なことに頭の中に英文がパッと浮かんでくると思います。
このように進めていき、周を重ねていくごとに思い出すスピードが速くなっていきます。
1周目では半分ぐらいまで読まないと思い出せなかったのが、最初の3文字ぐらいで文全体を思い出すような具合です。

STEP7 : いろいろ混ぜてみる

STEP6をずっと続けてもいいのですが正直思うように進まなくて結構つらいと思います。
またSTEP6ではCDを使わないですが、あまりに長い期間CDの音声を聴かないのも良くないと思います。
なので他のステップをはさみながら進めていくとよいと思います。
つまり…

STEP7
STEP3,4,5,6を色んな順番でやってみる。

例えば僕の場合は、
STEP6 → STEP5×3周 → STEP6 → STEP3×2周 → STEP4×2周 → STEP6×2周 ・・・
本当にこのようにしていたわけではありませんが、このように混ぜ混ぜでやっていました。

そしてついに…

STEP7で勉強していくうちに訳文をみて見出し例文を思い出すスピードが速くなっていくでしょう。どういうことかというと1周目では半分ぐらいまで読まないと思い出せなかったのが、最初の3文字ぐらいで文全体を思い出すような具合です。

そして気が付けば、
DUO3.0見出し例文全て暗記!!
しています。

とは言っても自分でも「本当にすべて覚えているのか?」と半信半疑だと思います。
そんな時は友人や家族にテストしてもらいましょう。
僕は見出し例文の最初の2文字または日本語訳を言ってもらっていました。
これやるとマジックを見ているような反応をしてくれて面白いですよ!(笑)

全部覚えたことで実感していることは、

①語彙力の向上
②動詞の使い方
③ライティング力
④リスニング力
⑤スピーキング力


もちろんDUO3.0は単語帳なので語彙力が付きます。熟語もたくさん覚えられました。


例文をそのまま覚えるのでその動詞が実際にどのように使われるかを理解することができます。


すべて覚えると自分の頭の中に560本の英文がストックされている状態となります。
その文の動詞を変えたり目的語を変えたりすることで無限に文章を作ることができます。
僕は現在英語で日記を書いているのですが効果をかなり実感していますね。

④、⑤
これは勉強の過程で自然に身についていったものです。
すべて覚える過程で大量に英語を聴き、話したのでこの2つも当然のことながら自然と鍛えられていきます。

さあこの状態になって僕はDUO3.0の勉強をやめたのでしょうか?


全部覚えたけど…

DUO3.0は留学を見据えて始めており、フィリンピン留学に行く前に全て覚えていたのですが、3か月の留学中は毎日勉強していました。
全て覚えていると言っても、たまにうろ覚えなところがあったりしますしシャドーイング自体がかなりいい勉強法なので暗記後も続けて意味があったと思います。

フィリンピン留学後は海外で英語を使い、インターンをしていました。
DUO全部覚えたしフィリピン留学もしたんだから英語ペラペラなんじゃないの?と思うかもしれませんが全然口からDUOで学んだことがでてきませんでした…

僕は不思議に思ってました。
「なんであんなに頑張ってDUOを全部覚えたのに全然話せないんだろう…」と。
アウトプットも完璧にできるのに会話で使えない…

そこであることに気が付きました。
それは
訳文を見てアウトプットはたくさんしたけど、実際の会話中でアウトプット全然してない!
ということです。

つまり僕の頭の中にストックされた560本の英文は訳文と先頭の2文字を聞いた時しかアウトプットされなかったのです(笑)
(なんだか間抜け…)

つまりDUOを完璧に使いこなすためには、
会話の中でアウトプットすることが重要!!
だということです。

なので最近は

最近の勉強法

DUOをパラパラとめくり目についた単語、熟語、文を心に留めておき、実際の会話の中で意識的に使う!

ようにしています。これが最近のDUOの勉強法(?)です。

普段は決まった表現を使いがちなので、DUOのものを色々と使って表現の幅を増やしていきたいと思います。

ですが、実はこれ全部覚えてから始める必要なんて全くなく、DUOを始めたその日からでもできることです。
なので英文を覚えていなくても積極的に会話の中でDUOで覚えた表現を使っていくようにしましょう!暗記にかかる時間もぐっと短くなるはずです。

DUOに限らず、
新しい表現をどんどん使っていく!!
これが言語を学ぶ上で最も大切なことだと思っています。

最後に

DUOを使うことで英語力は相当あがると思います。
TOEICなどの試験対策にもとても有効だと思いますのでDUOを信じて勉強していってください。
いつかそれを実感する時が来ると思います。僕の場合は洋書や海外ドラマをみて知らない単語が減ったときに実感しました!


この記事を読んで勉強のモチベがでたり、DUOを前に途方に暮れていた方々のひとつの指針のようなものになれば幸いです(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました!




英語を勉強していると、「なんでこんなに話せないんだろう…」って思ったりする方は多いのではないでしょうか。
また、ヨーロッパなどのネイティブではない人たちが当たり前のように英語を話しているのを見て、「ネイティブじゃないのになんであんなに話せるんだろう…」と思ったことがある方はたくさんいると思います。
しかし僕たちが英語を話せないのはよくよく考えたら当たり前なのです。
以下の記事を読んで少しでも英語を勉強している人の心が軽くなればと思います(^^)


DUOではとても多くの単語を覚えることができます。
「単語」と「文法」は英語学習の土台となります。

この2つがどれほど重要かについて以下の記事で説明しました。
英語学習を始めたばっかりの方や、これから始めるという方に是非読んでいただきたいです!