獣医学生が説明します!!トキ保護の現状

獣医学生が説明します!!トキ保護の現状

皆さんは朱鷺(トキ)という鳥をご存知でしょうか?
新潟県民の僕は幼いころからテレビでよく流れていたので知っているのは当然なのですが、大学に入ってから他の県の人達も普通に知っていてビックリしました~

僕は将来は獣医師としてトキの保護に携わりたいと考えています。
2018年の9月には佐渡朱鷺保護センターに実習に参加させていただきました。
そんな僕が今回はトキの保護の現状と課題について説明していきたいと思います。

トキの基本情報

分類 ペリカン目トキ科
学名 Nipponia nippon
レッドリスト 絶滅危惧ⅠA(2019年1月に変更)

特別天然記念物
新潟県の県鳥

現在は新潟県、佐渡島におよそ350羽生息しています。

食べ物

トキは田んぼや森がある”里山”に生息します。
水田ではドジョウを、あぜや草地ではミミズを食べます。
他にもカエル、サワガニ、バッタなども食べます。

トキの1年

群れの形成(9~12月)
繁殖期が終わると群れを形成します。
5羽から多い時には20羽の群れを作ります。

ペア形成(1~3月)
2月頃から気に入った相手とペアを形成しはじめ、3月になると巣を作り卵を産みます。

産卵・抱卵(4月)
オスとメスが交互に卵を温め、およそ28日で孵化します。

ふ化・育雛(5~6月)

巣立ち(7~8月)
ふ化後およそ40日で巣立ちを迎えます。

トキだけ!特殊な羽色の変化

トキは繁殖期が近づくと、首のあたりの剥がれ落ちた皮膚を体にこすりつけて羽の色を白から黒に変えます。
これを生殖羽といいトキが繁殖可能な状態であることを示しています。

コメントする