アジアゾウを獣医学生が解説!

アジアゾウを獣医学生が解説!

タイを離れ、現在はケニアでサルを保護している今日この頃です。
タイの施設でアジアゾウの世話をしていたのですが、これがとても興味深い動物であるとともに、人気であるがゆえに様々な問題を抱えているのでご紹介したいと思います!

アフリカゾウとの違いは↓の記事にまとめました!

生息地

アジアゾウはインド、ネパール、ミャンマー、バングラデシュ、スリランカ、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、マレーシア、インドネシア、ボルネオ、スマトラの森林に断片的に生息しています。かつては中国にもいましたが絶滅してしまいました。

開けた草原や、沼地、サバンナなどに生息しています。

群れでの過ごし方は雌雄で異なります

ーメスー

群れには家母長がいます。
家母長は群れで最も高齢のメスのゾウがなります。
彼女が死ぬと群れの中で次に高齢のメスのゾウが家母長となります。
子供が生まれると子育ては母親だけではなく、群れのメス全員で行います

ーオスー

オスは成長するとと徐々に群れから離れていきます。
群れの端の方で過ごす時間が長くなり、最終的に群れから完全に離れます。
オスのゾウは単独で行動するか、5頭以下の小さな群れを形成します。
群れを形成する場合でもメスのように固まってはおらず、メスの群れを探すためにお互いに距離をとって行動しています。

生殖

アジアゾウは発情期を持たないという点で独特な生殖様式を持っていると言えます。
メスのゾウは12~20歳の間に交尾をしはじめるようになり、50歳以降は妊娠できなくなります。生涯でおよそ7頭の子供を産むとされています。
妊娠期間は19~22か月とかなり長く、生まれてくる赤ちゃんは体高およそ1mで体重は100kgを超えます。


オスのゾウは生殖期になるとmusth(またはmust)という状態になります。
攻撃的になることと、性ホルモンであるテストステロンの量が急激に増えることがこの状態の特徴です。
たいていオスは群れのすべてのメスと交尾を行います。
オスのゾウは10代のうちに成熟し交尾できる状態となっているのですが、体の大きさがメスと比べてまだ小さいため、30歳を過ぎてから交尾をし始めるようになります。
また最近の研究では高齢のゾウほど積極的に交尾を行うそうです。これはアフリカゾウでの研究ですが、アジアゾウにもあてはまるのではないでしょうか。
詳しくは以下のページをご覧ください!

「高齢ゾウほど交尾に積極的、50代はフル回転、研究」 ナショナルジオグラフィック日本版
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/070400390/?fbclid=IwAR0Abgf2BXSYQ62YXX3whQTwW9Q4yWnJ3AGroUMHybZAOKR2K7tthgAZL0U

赤ちゃん誕生!

赤ちゃんが生まれると群れのメス全員で面倒を見ます。
群れの中で最も赤ちゃんに関心を示すのは2~12歳の若いメスのゾウです。これらのゾウが赤ちゃんを見守ったり一緒に遊んだりすることで母親が休みを取ることができ、十分に母乳を作ることができます。
赤ちゃんは生後数時間で歩けるようになります。しかし、母親のサポートなく一人で草原を歩けるようになるまでには3か月かかります。


赤ちゃんは少なくとも3歳まで母乳を飲みます。ちなみに、ゾウの母乳はとても栄養価が高く低脂肪(0.63~6.2%)です。
9か月になるころには、食事の40%は植物となります。


他の動物の赤ちゃんと同様にゾウの赤ちゃんも生まれた時の視力はとても悪いですが日に日に見えるようになってきます。赤ちゃんは鼻でにおいをかいで視覚以外の情報を得ています。


鼻を自由自在に操れるようになるまでには時間がかかります。最初はただ振ることしかできませんが、数週間すると小さなものをつかめるようになるまでコントロールできるようになります。
6か月もたつ頃には鼻を使って水を飲めるようになります。

次のページに続きます!
鼻、歯、象牙について

“アジアゾウを獣医学生が解説!” に1件のコメントがあります

コメントする