ターシャの生息地、生態は?獣医学生が説明します!!

ターシャの生息地、生態は?獣医学生が説明します!!

「ターシャ」という名前のサルをご存知ですか?
このサルはフィリピンのボホール島でとても有名です。
「世界最小」という肩書をもっていますが、よくよく調べてみるとどうやら違うようです。
調べてみると他にも面白いことがたくさんあったので、色々書いていきたいと思います!!

分類

霊長目の動物は大きく、「原猿類」と「真猿類」に分類されます。
ターシャはこのうち、「原猿類」に分類されることが多いようです。
他の原猿類のサルで有名なものとして、ワオキツネザルやスローロリスがあげられます。
しかし中には真猿類に分類する学者さんもいるようで、実際には正確に決まっていないというのが現状なようです。

生息地と種類

ボホール島にしか生息していないと考えている人が多いようですが、ほかのところにもたくさん住んでいます。
また、フィリピンだけでも3種類のターシャが確認されています。
3種類は以下の通りです。

T. philippensis    サマル島、レイテ島
T. fraterculus      ボホール島
T. carbonarius     ミンダナオ島

生息地と種類を地図でまとめると以下のようになります。

また、フィリピン以外にもターシャは生息しています。

ボルネオ島、スマトラ島
the Bornean tarsier (Tarsius pumilus)  
                   
スラウェシ島(インドネシア)
the spectral tarsier(Tarsuis spectrum)        
the lesser spectral tarsier or pygmy tarsier(Tarsius pumilus)
Dian’s tarsier (Tarsius dianae)

インドネシア、マレーシア
Western tarsier (Tarsius bancanus)

こうしてみてみるとかなり広い地域にわたってターシャが生息していることがわかりますね!

これらの亜種は体の構造がかなり異なっているそうです。
しかし、元々は同一の種類であったと考えられており、生息する島が異なることでその島の環境の影響を受けて体に変化が生じたと考えられています。

ターシャは本当に「世界最小」なのか

ターシャはよく世界最小のサルと言われています。
観光のチラシなどをみても世界最小とうたわれています。

まずボホール島に生息しているターシャは世界最小ではないです。
なぜなら、スラウェシ島のpygmy tarsier はフィリピンのターシャよりもかなり小さいからです。

この時点ではボホール島のターシャは世界最小ではないけど、ターシャ自体は世界最小であると言えますね。
ですが、実はターシャよりも小さいサルが存在したのです。
それは、 マダガスカル島に生息するpygmy mouse lemur(ピグミーネズミキツネザル)です。

残念ながら、ターシャは世界最小ではありませんでした…

絶滅しそうなの!?

社会が発展するにつれて、ターシャの生息地である島は開拓されていき住処である森林が少なくなっていきました。
それに加えて、ペットとして売買するためや、観光客に展示するために乱獲されます。
展示されていたターシャは狭いケージで飼育されており、 それに加えて、観光客はターシャに餌をあげることができ、触ることもできたため、1日中ターシャは観光客によってストレスを受け、数週間しか生きることができなかったそうです。
このようなことが原因でターシャの数は少なくなっていきます。
1997年に大統領の声明が発表されてから、ターシャはフィリピンで特別に保護される存在となりました。

ですが、ターシャはの絶滅危惧のレベルは準危急種(LR)であって、Vulnerable(絶滅危惧Ⅱ類)、Endangered(絶滅危惧ⅠB類)、Critically Endangered(絶滅危惧ⅠA類)ではありません(かっこの中は環境省によるレッドリストの呼称)。
つまり、そこまで絶滅の危機に瀕してはいないのですが、保護活動をやめるとすぐに絶滅危惧種になると考えられているのでこれからも保護活動を続けていく必要があるそうです。

コメントする